第4回リノベーションスクール@都城を振り返って

修了式後の全員集合写真

 第4回リノベーションスクール@都城が11月29日~12月1日の3日間にわたって開催されました。今回のリノベーションスクールでは、25名の受講生が受講されました。
受講生の構成は都城市内と市外がほぼ半々で業種的には建築関係、不動産関連、デザイン、金融関係、公務員、IT関連とバラエティに富んだ人が受講されました。
リノベーションスクールでは、ユニットと呼ばれるグルプで活動し、最終的には担当する案件の事業化についての不動産オーナーに対してのプレゼンテーションを実施するために、8 人の受講生とユニットマスター(講師)、ローカルユニットマスター(地元でのリノベーション実践者)の2人の指導を受けながら事業計画を立てていきます。
 今回はA・B・Cの3ユニットで中心市街地の3案件の事業計画を作成し、最終日に不動産オーナーに対してのプレゼンテーションを一般公開で実施しました。

開講式の様子

第4回リノベーションスクール@都城の実施内容を紹介をしてみたいと思います、スクールマスター(スクール全体の統括管理)は4回連続で大島芳彦氏です。ご存じの方もいらっしゃると思いますがプロフィールを紹介したいと思います。 

大島 芳彦 氏
  • 大島 芳彦 株式会社
  • ブルースタジオ 専務取締役
  • クリエーティブディレクター
  • 一般社団法人リノベーション協議会 理事・副会長

東京生まれ。2000年より株式会社ブルースタジオにて「Re’inonvationリノベーション」を旗印に、遊休資産の再生・価値最大をテーマとした建築企画・設計、コンサルティング事業を開始。近年は団地再生、中心市街地再生など都市スケールの再生プロジェクトなどにも取りくむ。
2016年「ホシタニ団地」グッドデザイン賞金賞(経産大臣賞)受賞 

 Aユニットから紹介しましょう。案件は中央通りに面した中町のビルです、担当のユニットマスターは大木貴之氏、ローカルユニットマスターは園田達也氏です。

  • ユニットマスター
  • 大木 貴之
  • LOCALSTADARD株式会社 代表取締役
  • 一般社団法人 ワインツーリズム 代表理事

1971年、山梨生まれ。マーケティング・コンサルト会社を経て、地元山梨へ。”地元こそ人材が必要、それには場が大切、まずは人が集まる場を作ろう”と、飲食店プランナーをしていた妻と共に2000年にシャッター商店街だった山梨県甲府市の中心市街地に「Four Hearts Café」を創業。この”場”に集まるクリエーターや行政職員と民間による「ワインツーリズムやまなし」(2013年グッドデザイン賞・地域づくりデザイン賞 受賞)を立ち上げ、山梨にワインを飲む文化、産地を散策する習慣を定着させようと活動中。

  • ローカルユニットマスター
  • 園田 達也
  • 渡川簡易郵便局局長
  • こんにちや番頭

1981年宮崎県生まれ。国立都城工業高等専門学校建築学科卒。アルミ建材メーカー、建築設計事務所を経て地元美郷町上渡川へUターンし簡易郵便局局長となる。2016年、地元唯一の酒屋を閉店を機に、酒・食料品・日用品・地元物産を扱うローカルストア「こんにちや」をオープン。また少子高齢過疎の進む地元渡川(どがわ)を盛り上げるべく「どがわ未来会議」代表として活動中。2017年3月リノベーションスクール@北九州「エリアリノベーションコース」修了。第3回リノヴェーションスクール@都城でサブユニットマスターを担当。

 Bユニットの案件は、東上町通りにある建物です、担当のユニットマスターは本間 公氏、ローカルユニットマスターは高良秀英氏です。

  • ユニットマスター
  • 本間 公
  • 合同会社 工作舎 代表
  • 鳥取家守舎LLC 共同代表

1975年、鳥取生まれ。岐阜県高山市で家具作りを学んだ後、東南アジアを放浪。1997年合同会社 工作社を設立し、注文家具の製作を始める。その後、飲食店・美容室を中心に店舗のデザイン・内装工事を手掛ける。2016年、家守会社「鳥取家守舎LLC」を設立し、仲間と共にまちづくり事業を始める。現在、家具製造・店舗内装・出店相談・家守事業・大家業など複合的に活動中。

  • ローカルユニットマスター
  • 高良 秀英
  • 野菜屋宮丸商店 代表 

1963年、沖縄県出身生まれ。コンサルタント会社勤務の後、沖縄から都城のイベント出店を契機に都城の食に魅了され、都城市に移住、「食」をテーマとしたパーティーイベントを展開、その後「人」づくりをテーマとした個人向け企業向け勉強会セミナーを開催する。2016年これまで培ってきた人脈を活かし「野菜屋宮丸商店」を開店。2019年、第3回リノベーションスクール@都城においてサブユニットマスターを担当。現在、野菜屋店主・セミナー講師などで活動中。

 Cユニットの案件は、中町交差点近くのビルです、担当のユニットマスターは加藤加藤寛之氏、ローカルユニットマスターは戸高 仁氏です。

  • ユニットマスター
  • 加藤 寛之
  • 都市計画家
  • 株式会社 サルトコラボレイティブ 代表取締役

大学在学中からまちづくり系シンクタンクCOM計画研究所にて景観形成・中心市街地活性化に関する業務に携わる。卒業後、イタリアに6か月間の旅へ。大小20以上の都市を巡り、ローマに住む。2008年、株式会社 サルトコラボレイティブ設立。現在は丹波市、大阪市、石垣市等の地域再生業務に従事。地元大阪市阿倍野で地域の価値を高める仕組みとして、店舗や人材を守り育てるバイローカルプロジェクトや、ストックリノベーションによる遊休不動産活用等もライフワークとして取り組む。

  • ローカルユニットマスター
  • 戸高 仁
  • トルム建築計画事務所 代表
  • みやこんじょやもい舎 取締役

1981年、宮崎県生まれ。 都城泉ヶ丘高等学校 卒業後、鹿児島大学工学部建築学科、鹿児島大学大学院建築学専攻、卒業後 、COGITE(設計事務所)に勤務、2013年トルム建築計画事務所設立。第1回、第2回のリノベーションスクール@都城のサブユニットマスターを担当、第1回目のリノヴェーションスクールのユニットで担当した、梅月堂の家守事業をするために設立した、みやこんじょやもい舎に共感し地域の仲間たちと共に活動している。現在、新築、ストックリノベーションの設計、家守事業にに従事している。

今回のリノベーションスクールの各ユニットのプレゼンについては、今からできること、次のステップと、一度にすべてリノベーションを行うのではなく段階を設けて事業を進めていくと、無理のない事業計画を策定したところが特徴です。
スクールマスターを始め各ユニットマスターも非常に現実的なプレゼンテーションなので、ぜひ実案件化してほしいとの評価を受けました。リノベーションスクールはこれで無事終了しましたが、これからアフターフォローのためユニットマスター、ローカルユニットマスターも参加して事業化に向けたミーティングが行われます。
無事、第4回リノベーションスクール@都城が開催することができました、受講生の皆さん、スクールマスター、ユニットマスターの方々、ローカルユニットの方々、またスクール開催の準備段階、そして事前セミナー、スクールの開催と半年以上にわたってスタッフの方々本当にお疲れさまでした。
各案件を提供いただきました不動産オーナーの方々、エリアサーベーの際のヒアリングに協力いただきました市民の皆様、厚く御礼申し上げます。
これまで4回行われたリノベーションスクールのうち1回~3回までの各ユニットのプレゼンテーションにつきましては、YouTubeでご覧いただけます。4回目につきましては、著作権の関係でホームページでのアップはできませんが、タウンマネージャーまでご連絡いただければ、お見せすることは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です